しわができる原因と予防法を紹介しています。

顔のしわができる原因や予防法について

顔のしわができる原因にはいろいろ考えられますが、やはり肌のハリや弾力を維持することが重要なポイントとなります。その1つがUVケアです。

肌のハリに大きな影響を与えると言われる紫外線には、UVAとUBVの2種類があります。照射量が多いUVAはエネルギーは大きくないものの、真皮層まで届いて繊維芽細胞にダメージを与えます。線維芽細胞は肌のハリや弾力に深く関係するコラーゲンやヒアルロン酸、エラスチンなどの成分を生成する役割を担っているため、働きが悪くなるとしわができやすくなるのです。1年を通して日焼け止めクリームや日傘などを活用して、UVカットに努める必要があります。

加齢とともに産生される量が多くなる活性酸素も、肌を酸化させ老化を促進する原因の1つです。活性酸素が過剰に産生されると角質層にダメージが及び、肌を乾燥させてハリや弾力が失われます。徐々に真皮層にまで影響が及ぶことになり、しわが深くなって改善が難しくなることもあります。十分な保湿とともに、抗酸化作用の高い食べ物を積極的に摂取することも大切です。

また、顔のツボ押しや表情筋のトレーニング、血液やリンパ液の流れを改善するためのフェイスマッサージなども取り入れるといいでしょう。