しわができる原因と予防法を紹介しています。

顔のしわができる原因や予防法について

目尻のしわやほうれい線などの顔のしわは、肌のたるみが大きな原因と考えられるため、エイジングケアをすることによって肌の老化を抑制する必要があります。そのためには、スキンケアだけでなく日頃の生活習慣を見直すことも重要です。どんなにスキンケアをしても間違った生活習慣を続けていれば、しわができやすい環境を自身でつくっていることになります。逆を言えば、生活習慣を見直せば、顔のしわを改善することにつながるということです。

まず、質の高い睡眠時間をきちんと確保することが重要です。成長ホルモンの分泌とともに肌のターンオーバーが活性化される睡眠中は、肌の老化を防ぐための大切な時間になります。特に午後10時から午前2時までのゴールデンタイムが、美肌のための大切な時間帯となることを理解しておきましょう。

肌は、血行や代謝が低下することでも老化が進みます。毎日の入浴ではしっかりと湯船に浸かり、体全体を温めて血液やリンパ液の循環を良くするように心がけることが大切です。また、適度な軽い運動を取り入れることによっても血行や代謝がアップします。日頃から塩分やアルコールを過剰に摂取している人は、顔のしわにも大きく関係するむくみが生じやすくなります。むくみや脱水を抑えて、肌の潤いを保ってしわができないようにしましょう。