しわができる原因と予防法を紹介しています。

顔のしわができる原因や予防法について

目尻のしわやほうれい線など、顔にしわができてしまう原因にはどんなことが考えられるのでしょうか。皮膚は表皮を支えるさまざまな層によって支えられて、ハリや弾力を維持しています。皮下組織、真皮、表情筋などが代表的なもので、それぞれの機能の衰えがしわの原因です。

皮下組織のほとんどは脂肪からできており、皮膚や骨を繊維組織でつないでクッションのような役割を果たしています。脂肪繊維や脂肪を包むネットのような部分がたるむことで、脂肪層全体にたるみがでて肌のハリがなくなることもしわの原因です。

真皮層には表皮を支える役割があり、コラーゲンやエラスチンなど肌のハリや弾力に関係する繊維が張り巡らされています。この繊維の間をヒアルロン酸が埋めることで、肌に水分を保持することができます。しかし、加齢や紫外線、活性酸素などの影響によってコラーゲンなどを生成する線維芽細胞の働きが低下し、しわができやすくなるのです。

また、顔に多数存在する表情筋が衰えることによって、皮膚を支えることができなくなることもしわができる原因の1つです。加齢によって表情筋が硬くなって動きにくくなると皮膚を支えることができなくなり、しわや皮膚のたるみが目立つようになります。