しわができる原因と予防法を紹介しています。

顔のしわができる原因や予防法について

鏡を見ていつの間にかできてしまう顔のしわに、ショックを受ける人も多いのではないでしょうか。加齢だけでなく、間違ったスキンケアや生活習慣なども顔のしわの原因となります。顔のしわのなかでも、目尻のしわやほうれい線は特に年齢を感じさせるものです。

笑った際に目尻に向かってできる小さなしわは、次第に本数が多くなり深く刻まれ、表情を変えなくても目立ってしまいます。目尻だけでなく、目の下の涙袋も下がってきて老けた印象を与えるでしょう。肌にハリや弾力がなくなってくると、皮膚の薄い部分からしわができやすくなります。

鼻と口の外側に、横ではなく縦にはっきりと入るほうれい線。左右対称にくっきりと表れることが多く、しわや影が目立つようになります。ほうれい線ができると顔全体の皮膚がたるんでいる印象を与えてしまい、実年齢よりも老けて見えることも多いものです。ほうれい線は、目尻のしわと同様に肌の老化によって弾力やハリが失われてできることも原因の1つですが、表情筋が衰えることによっても現れます。

皮膚は目に見える表皮部分だけでなく、それを支える皮下脂肪や脂肪層、筋肉などさまざまな層から形成されています。加齢や外部からの影響によって表皮を支えられなくなると、表皮がたるみ凹凸ができやすくなってしわができます。顔のしわをなるべく防ぐためには、肌のハリや弾力を維持するためにスキンケアだけでなく生活習慣の見直しも必要です。そこで、今回は顔のしわができる原因や生活習慣との関連、顔のしわを予防する方法について考えました。